酪農学園大学大学院 | 獣医学研究科・酪農学研究科

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

教育研究基本方針

獣医学研究科の教育研究基本方針

獣医学研究科は、酪農学園創立の基本精神である三愛精神に基づく健土健民思想により、獣医学とその関連科学を創造的に研究・発展させ、その成果を人類と動物の福祉及び動物・人・環境の調和と共存に寄与し、本学の建学の精神を地球規模で実現する、社会に有意な高度専門技術者や研究者を世に送り出すことを目的としている。このため、獣医学研究科に所属する教員は、研究業績に基づく資格審査を厳密に実施し、大学院生とも互いに切磋琢磨することを義務つけている。

ディプロマポリシー

獣医学専攻博士課程

本学の基本理念の下、所定の単位を取得し、以下の能力を身につけ学位論文の審査及び試験に合格した人物に対し学位を授与する。

  • 健全で人間性豊かな生命観と社会的使命を持ち、幅広く深い教養と高度な専門知識・技術を基礎として、総合的に判断できる能力
  • 社会において必要とされている研究課題を見極めるとともに、課題に対して真摯に取り組み、獣医学とその関連科学の教育と研究に寄与し、さらにそれを発展させ、積極的に社会に発信する能力
  • 国際的な視野を有し、次世代の獣医学の教育と研究においてリーダーとして行動できる能力

獣医保健看護学専攻修士課程

本学の基本理念の下、所定の単位を取得し、以下の能力を身につけ学位論文の審査及び試験に合格した人物に対し学位を授与する。

  • 幅広く、深い教養と高度な専門知識・技術及び総合的な判断力を有し、健全で人間性豊かな生命観と社会的使命感を有するとともに、それを達成する能力
  • 課題に対して真摯に取り組み、獣医保健看護学とその関連科学の教育と研究に寄与し、さらにそれを発展させ、積極的に社会に発信する能力
  • 次世代の獣医保健看護学の教育と研究においてリーダーとして行動できる能力

カリキュラムポリシー

獣医学専攻博士課程

建学の精神に基づく獣医学とその関連科学を創造的に発展させ、その成果を研究に反映させる実学教育を実施する。そのため、自ら課題を探求し、その解決に対し幅広く柔軟かつ総合的な判断をする力を養い、次世代の教育と研究について指導的な役割を果たすことができるよう、研究や討論を実践的に積み上げる演習科目並びに獣医学に関する研究実験に重点を置いた教育を実施する。また、急速に発展・変化する獣医学とその関連科学についての高度な知識と技術を習得し、国際舞台で活躍できる実践力の育成を目指して、英語による各専門分野並びに国際獣医情報学に関する特殊講義を教授するとともに英語によるプレゼンテーションを積極的に取り入れる。

獣医保健看護学専攻修士課程

建学の精神に基づく動物看護学、動物保健学ならびにその関連科学を創造的に発展させ、その成果を研究に反映させる実学教育を実施する。そのため、自ら課題を探求し、その課題解決に対し幅広く、柔軟かつ総合的な判断をする力を養い、次世代の獣医保健看護学の教育と研究について指導的な役割を果たしうる人材を育成するために、研究や討論を実践的に積み上げる演習科目ならびに研究実験に重点をおいた教育を実施する。また、獣医保健看護学について基礎・応用と臨床についての2専門分野を設け、それぞれの専門分野についての高度な知識と技術を習得するための科目を開講する。また、他専門分野の科目を選択することが必要な教育課程とし、専門分野に偏らない科目の選択が可能なカリキュラムとする。

アドミッションポリシー

獣医学専攻博士課程

獣医学専攻では、多様化・高度化する獣医学とその関連科学の教育と研究を通して、建学の精神に基づく生命・自然を尊ぶ豊かな人間性をはぐくみ、人類と動物の福祉及び動物・人・環境の調和と共存に貢献し、国際的視野にたって次世代の獣医学の教育と研究を担う人材を育成することを目的としている。従って、本専攻では建学の理念を理解し、獣医学に関する高度な知識と技術を習得する能力を有し、さらに、その継続的な発展に強い意欲を有する人物を入学させる。入学に当たってはこれらの能力を確認するため、語学並びに専門科目についての学力試験を行うとともに、入学の目的、研究の意欲、専門分野における理解度などについて面接を行い、一定以上の基準を有する者を選抜する。

獣医保健看護学専攻修士課程

獣医保健看護学専攻では、多様化・高度化する獣医学、動物看護学、動物保健学ならびにその関連科学の教育と研究を通して生命・自然を尊ぶ豊かな人間性をはぐくみ、人類と動物の福祉及び動物・人・環境の調和と共存に貢献し、国際的視野にたって次世代の獣医保健看護学の教育と研究を担う人材を育成することを目的としている。従って、本専攻は建学の理念を理解し、獣医保健看護学に関する高度な知識と技術を習得する能力を有し、さらに、その継続的な発展に強い意欲を有す人物を入学させる。入学に当たってはこれらの能力を確認するため、語学並びに専門科目についての学力試験を行うとともに、入学の目的、研究の意欲、専門分野における理解度などについて面接を行い、一定以上の基準を有する者を選抜する。