酪農学園大学大学院 | 獣医学研究科・酪農学研究科

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

酪農学園大学大学院 > 獣医学研究科の概要

獣医学研究科の概要

獣医学の研究分野は多岐にわたり、獣医学専攻博士課程には、基礎獣医学(生体機能学/感染・病理学)、臨床獣医学(生産動物医療学/伴侶動物医療学)、応用獣医学(衛生環境学)の各分野が開設されています。

本研究科は、その歴史から多くの実績があり、特に産業動物獣医学での遺伝病やウイルス、原虫による疾病、繁殖障害などに関する研究で、国内はもとより国際的にも高い評価を得ています。

さらに、高度なテクニックを応用した基礎的な研究をはじめ、応用獣医学、小動物を含めた臨床獣医学、獣医学に基づく環境科学など、時代の要請に応えるべく、研究分野は多岐にわたっています。

研究成果は、国内外の主要な学術雑誌に多数報告されており、その研究内容は各界から高い注目を集めています。

さらに研究科スタッフによるエクステンション活動も活発で、こうした学術交流がきっかけとなって、国際的な研究機関としての役割も担っています。

卒業後は、国や都道府県の畜産・衛生関係の試験・研究機関、大学教員、製薬会社などの研究者として。さらに、生産・伴侶動物の臨床獣医師として活躍しています。

なお、本専攻課程には、ティ-チングアシスタント制度が設けられており、採用されると経済的な支援を受けることが可能です。