酪農学園大学大学院 | 獣医学研究科・酪農学研究科

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

酪農学園大学大学院 > 酪農学研究科の概要 > フードシステム専攻 修士課程

フードシステム専攻 修士課程

フードシステム専攻 修士課程 一覧 (2017年4月1日現在)

【食資源利用システム】

農・畜産
食品学
教 授
樋元 淳一
農産物、主として青果物の収穫以降の貯蔵、選別、輸送、包装、加工などの様々な過程における品質の維持向上に関する、 施設、資材、機械、技術に関する研究を行っている。

【食料政策システム】

食料政策論 教 授
佐藤 和夫
食品安全性に関する消費者の意識・行動に関する計量経済分析。
准教授
深澤 史樹
食資源と地域経済の関わりについて、社会科学的アプローチを行っている。とりわけ食品産業のクラスター分析や食資源 の利用と地域経済、さらに産業政策への提言を行っている。
食品流通論 教授
尾𥔎 亨
食料品の流通問題、市場問題にアプローチするための理論を修得する。また食品流通問題の課題を把握し、食品流通論に 関わるこれまでの研究の到達点を明らかにする。
教 授
柳 京煕
食と流通の関連を生産段階から消費段階に至るまで社会経済 的側面から分析し、食の供給体系の適切なあり方について提 言を行っている。

【経営管理システム】

経 営 管 理 論 教 授
阿部 茂
市場対応重視のマーケティング戦略について、技術経営プログラムの視点から検証を行う。独自技術を有する食品製造 メーカー及び食品機械メーカーを実証研究する。
食品情報
システム論
教 授
發地喜久治
食料経済と食文化の国際比較、土地所有と利用に関係する制度の歴史と現状、具体的内容として、①中国の農畜産業と食 文化、②食の安全対策、③日本の土地制度と戦後開拓史
准教授
三谷 光照
ITの利用による適切な食品の配分、流通コストの低減、安 全性の確保のために、通信ネットワーク技術の応用、効率的 な流通支援、情報システムのあり方について研究する。