酪農学園大学大学院 | 獣医学研究科・酪農学研究科

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

酪農学園大学大学院 > 酪農学研究科の概要 > 食品栄養科学専攻 修士課程

食品栄養科学専攻 修士課程

食品栄養科学専攻 修士課程 一覧

【加工特性】

食品加工特性学 教授
石下真人
食品はさまざまな加工工程を経て製造され、食品の成分は変化する。加工工程により特にタンパク質がどのように変化するのか、また製品の品質との関係を研究する。
教授
竹田保之
発酵乳製品を対象とし、それらの製造方法と品質特性の関係ならびに関係する乳酸菌の生態や機能性に関して生化学的、微生物学的および分子生物学的手法を用いて解析する。
教授
舩津保浩
低利用水畜産資源の有効活用を目的として麹や好塩性乳酸菌等を用いた発酵食品を開発し、その発酵工程で起こる化学成分や呈味成分等の変化と最終製品の品質について調査する。
講師
栃原孝志
特定の乳酸菌が産生する粘質物に含まれる菌体外多糖の物理化学的特性、機能性、および食品製造への応用性の解析を行う。
食品物性学 教授
金田勇
食品をソフトマターとして捉え、主にレオロジー的手法を用いて、その物理化学的特性に関する研究を行う。研究対象はハイドロゲルおよび濃厚コロイド分散体である。

【栄養機能】

食品栄養機能化学 教授
小野寺秀一
1)糖転移酵素を用いた機能性オリゴ糖の創製に関する研究
2)オリゴ糖関連酵素の遺伝子工学的研究
3)新規機能性食品成分の検索とそれらが生体に及ぼす影響
准教授
上野敬司
1)オリゴ糖の生体調節機能に関する研究
2)糖質関連酵素を用いたオリゴ糖生産に関する研究
3)糖質関連酵素の探索及び機能改変に関する研究
食品機能生化学 准教授
岩崎智仁
種々の食品成分が有する機能性について、マウス、ラットならびに畜産動物を用いた骨格筋の可塑性や筋肉タンパク質代謝のシグナル伝達を指標に、分子生物学、生化学、および形態学的手法によって評価解析する。

【健康栄養】

健康栄養学 教授
寺井格
糖蛋白質糖鎖異常に対し動物レクチンが生体に及ぼす影響および疾患との関連性を研究している。
准教授
山口太一
1)健康の保持増進の為の食事及び運動の方法,2)より良いスポーツパフォーマンス発揮の為のコンディショニング(栄養摂取及びトレーニング)の方法を明らかにする為の研究
准教授
杉村留美子
生活習慣病の要因と食行動との関連を探り、食事制限を伴う行動変容の難しさを考慮した栄養教育手法を検討する。行動科学理論を用いた食行動変容の促しに関する研究を行う。
臨床栄養学 教授
石井智美
食と健康に関する視点から新規食品の開発と脂質代謝を検討。伝統的発酵食品の免疫賦活作用、栄養代謝の検討。世界の発酵乳の栄養、機能性、特性の検討。伝統的食文化の研究。
教授
萩原克郎
1)家畜・野生動物における感染症の疫学と予防・治療研究
2)ウシの免疫機能に関する研究
3)腫瘍免疫に関する研究
教授
岩野英知
肝臓は栄養中枢としての役割と共に生体内外の化学物質を解毒する機能も有する。栄養が化学物質代謝にどのような影響を与え疾患に関わるのかという視点で研究を行う。

【食環境管理】

食品微生物管理学 教授
山口昭弘
1)食品素材・共生菌の機能性に関する研究
2)食品微生物と培養細胞を用いた生体相互作用の解析
准教授
村松圭
糖質が微生物におよぼす影響についての研究を主とし、ビフィズス菌の糖質利用、フラクトオリゴ糖資化性菌の検索、微生物による乳糖の資源活用等の研究を行っている。
食品環境汚染学 ※未定