酪農学園大学大学院 | 獣医学研究科・酪農学研究科

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

酪農学園大学大学院 > 酪農学研究科の概要 > 食生産利用科学専攻 博士課程

食生産利用科学専攻 博士課程

食生産利用科学専攻 博士課程 一覧

植物資源生産学 教授
佐々木均
1)吸血性アブ類など吸血昆虫類の分類、分布、生態、防除に関する研究
2)家畜害虫の生態と防除に関する研究
教授
岡島毅
①牧草や飼料作物の生産利用、②牧草と家畜との相互作用、③牧草類を主とした植物と人間とのかかわりに関する研究、および④それらに関連する研究成果の学校教育現場への応用
教授
義平大樹
飼料作物(トウモロコシ、牧草、麦類)と食用作物(麦類、豆類)における多収と高品質を両立できる栽培技術の確立と、その乾物生産過程からみた要因解明について研究する。
教授
我妻尚広
圃場での雑草や生態系での野生植物の営みを分子生物学的な手法で明らかにし、それらの雑草や野生植物を生態遺伝学的視点に立って適切に利用管理する方法を研究する。
教授
星野仏方
アフロ・ユーラシア地区における一次性生産力の変化の把握、及び家畜・野生動物の植物資源利用の解析と研究を行う。
教授
三枝俊哉
寒地における資源循環型の持続的な草地管理および粗飼料生産技術の確立を目指す。①主要草種の生育特性解明、②草地の草種構成制御、③草地飼料畑の養分動態解明に取り組む。
教授
澤本卓治
土壌を中心とした物質循環を研究対象としている。具体的には、土壌やふん尿処理過程から発生する温室効果ガスの動態や、土壌中の養分の挙動について研究を実施している。
准教授
保原達
陸上生態系内の現象に潜む、目に見えない仕組みや原因などについて、生物と環境双方の共通項である『物質』を頼りに分析・解明している。
動物資源生産学 教授
小宮道士
研究内容は、効率的な給餌のための自動化に関する研究、バイオディーゼル燃料の製造と物性および燃焼特性の解明、酪農場におけるエネルギー利用の実態と改善などである。
教授
高橋圭二
酪農施設の高度化および適正化を図るために、省力軽労化をキーワードとして、牛舎施設構造、牛舎内環境、糞尿処理、農作業安全などの研究を実施している。
教授
堂地修
①ウシ胚の効率的な生産方法の開発、②ウシ卵子および胚の超低温保存技術の開発、③胚移植の受胎率向上と有効利用、④高泌乳牛の繁殖生理の特性、⑤牛の繁殖管理技術の向上
教授
寺脇良悟
ホルスタイン乳牛の生産寿命に関する統計育種学的分析を行い、遺伝評価方法と改良戦略を検討している。生存時間解析の家畜育種分野への応用を研究している。
教授
中辻浩喜
土地利用型乳肉生産システムを土―草―家畜を巡る物質循環として捉え、家畜生産性および土地生産性に及ぼす要因の解明と土地利用方式まで含めた生産システムの構築を目指す。
教授
野英二
土地基盤とした酪農場における循環農法の実証、特に粗飼料生産からの検討。粗飼料生産とその調製(サイレージ)に関する研究。
教授
森田茂
家畜の動作・活動(採食行動、休息行動、人に対する反応)を解析するとともに、家畜の社会行動から家畜同士の関係を把握することで、家畜の習性に配慮し、洗練化された飼養管理技術の構築を目指す。
教授
山田弘司
人と動物の関係学の研究として、アニマルセラピーや乗馬療法の効果、人とペットの関係調査、動物のストレス反応や性格・気質測定、動物園動物の展示と行動調査を行っている。
教授
山舗直子
家畜であるセイヨウミツバチの、寒地における安定的な育成と繁殖に寄与する生物学的特性の解明と技術改良に関する研究。セイヨウミツバチと関わりをもつ生物も対象とする。
教授
吉田剛司
野生動物保護管理について、基礎から応用までの調査研究を実施している。特に大型哺乳類の保護管理と外来生物対策について国内外をフィールドに実践研究を展開している
教授
今井敬
①ウシ体外受精胚における発生率向上および受胎性評価技術に関する研究
②ウシ雌雄産み分け技術の高率化に関する研究
③家畜胚の新しい生産技術の開発に関する研究
教授
高橋俊彦
畜産現場に於ける家畜・農場・地域の衛生管理と感染症対策。哺育・育成期の細菌、ウイルス、消化管内線虫等の防除対策や、牛と野生動物間の感染症に関する調査研究。
教授
佐藤喜和
北海道を代表する野生動物であるヒグマを中心に、その生態を理解し、人間との軋轢を最小化するため、野外調査から室内実験、データ解析まで様々な手法を用いた研究を行う。
准教授
天野朋子
1.家畜における乳と肉の生産に関わる遺伝子の研究
2.家禽における卵と肉の生産に関わる遺伝子の研究
3.家畜と家禽の適切な管理に関わる抗病性や繁殖能力、気質などの形質を制御する遺伝子の研究
准教授
小川健太
衛星,航空機,無人機からの計測(=リモートセンシング),GIS, GPS等を用いた森林や農地のモニタリング,気候変動の予測,環境政策の立案等への情報活用に関する研究
准教授
中谷暢丈
環境中における生元素や有害物質の生物地球化学的循環過程の解明とその人的相互作用の評価、生物学的・化学的手法を用いた環境評価手法の開発に関する研究を展開する。
食資源開発利用学 教授
阿部茂
食品に新たな価値や機能性を付与する、又は生産性を向上する食品加工技術の研究を行うとともに、技術の汎用性拡大を目的としたマーケティング調査を行う。
教授
小澤修二
農業・家畜生産に関わる天然有機化合物を化学的立場から解明し、それらの応用、利用を図る。特に植物二次代謝産物の機能に着目した低・未利用有機物資源の有効化を検討する。
教授
樋元淳一
農産物、主として青果物の収穫以降の貯蔵、選別、輸送、包装、加工などの様々な過程における品質の維持向上に関する、施設、資材、機械、技術に関する研究を行っている。
教授
石下真人
食品加工においてゲル化は重要な加工特性である。主にタンパク質の加熱ゲル化を、食肉製品を例として、その原理や他の成分との相互作用、分析方法などについて研究する。
教授
竹田保之
発酵乳製品の成分変化、加工特性、生体に及ぼす影響などをその製造に関係する乳酸菌の生態および機能性から詳細に解析し、乳製品や乳酸菌の付加価値向上に取り組む。
教授
小野寺秀一
1)糖転移酵素を用いた機能性オリゴ糖の創製に関する研究
2)オリゴ糖関連酵素の遺伝子工学的研究
3)新規機能性食品成分の検索とそれらが生体に及ぼす影響
応用食品化学 教授
金田勇
食品をソフトマターとして捉え、主にレオロジー的手法を用いてその物理化学的特性に関する研究を行う。研究対象はハイドロゲルや濃厚コロイド分散体である。
微生物利用学 教授
山口昭弘
1)食品微生物と培養細胞を用いた生体相互作用解析系の構築
2)マクロファージを中心とした免疫賦活、抗炎症作用の向上をもたらす機能性食品に関する研究
農業経営政策学 教授
荒木和秋
日本農業は貿易自由化への対応として国際化対応と消費者=納税者から支持される農業の確立が求められている。そのための経営政策の理論的、実証的研究を行う。
教授
尾碕亨
食品流通の経営管理、主に青果物物流の経営管理に関し、既存研究の到達点を踏まえた課題設定と経済学理論に基づいた実証研究により、課題の構造論的解明の研究を行っている。
教授
井上誠司
地域農業のシステム化、ならびに地域農業振興計画の有効性に関する研究を行っている。
食料経済学 教授
發地喜久治
食料経済と食文化の国際比較、土地所有と利用に関係する制度の歴史と現状、具体的内容として、①中国の農畜産業と食文化、②食の安全対策、③日本の土地制度と戦後開拓史
准教授
柳京熙
食と流通の関連を生産段階から消費段階に至るまで社会経済的側面から分析し、食の供給体系の適切なあり方について提言を行っている。